« 2011年6月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年7月

2011年7月20日 (水)

間伐、ブリ縄体験

こんにちは。

先日、私が所属しているNPO法人が実施している農業・林業体験プログラムに東京目黒区の小学校が参加して下さいました。私もスタッフとして参加したこのプログラム、今回はその模様をご報告します。

当日は梅雨明け直後で真夏のような暑さでしたが、森の中はひんやりと涼しく気持ちの良い空気。

1

今回行ってもらったのは、間伐とブリ縄&枝打ち体験。

まず、間伐の意義についてスタッフから説明を受けた後、実際にヒノキの伐採に挑戦です。

3

ヒノキが倒れる時には、子供たちから大きな歓声があがっていました。

2_2

ひきつづき、林業体験その2「ブリ縄&枝打ち」に挑戦です。

ブリ縄とは、その昔林業の現場で使われていた、棒と縄だけで出来た道具です。これを使って、はるか木の上まで登って枝打ちをしていたのです。

今回は体験ということで、一番低い段を作って登ってみました。

4

Dsc034301

最初は縄の巻き付け方がわからず苦労していた子たちも、慣れてくると手際よく幹に縄を巻いて枝打ちをしていました。さすが飲み込みが早い!

6

最後に記念撮影をして、1時間半のプログラムは終了しました。

楽しみながら林業のことを学ぶことが出来るこのプログラム、参加者の子たちも充分楽しんでくれたと思います。皆さん、お疲れさま!

(藤田)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴耕雨耕台風耕???

こばやし です。

甲信越地方にも台風の影響が到来ということで、
きょうは一休み。

でも昨日は強雨の中、普通に農作業。

写真が曇っているのは、
カメラのせいもあるけれど、雨によるものです。

2011071911350000

罰ゲームじゃないですよ!

雨の中でも、作業は進めるのです。
そんな成果が出てくるのも、もうすぐ。
トマトの実となって、(それこそ)美味しい成果が得られんことを
祈りつつ。。。

じゃ!

***ここからは、読み飛ばしていただいて結構です。***

先日投稿した記事の中で、
『こんなグダグダなブログをお読みいただいてありがとうございます。』
等の記載をしましたが、人づてに
『まじめに書いてください!』等の意見が寄せられたそうです。

謙遜(けんそん)の意が通じず、心から残念に思う。
意思疎通の難しさを痛感した次第である。

「そして、写真をつけましょう。」と。

それを伝え聞いた日。
かなり遅くまで寝つけなかった。

先の記事で、
http://kyouryokutai.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-e8cf.html
文字ばかりの記事になる旨記載したが、

文字の良さを感じてのことであった。

(1)自然現象等に対峙し、それを伝える中での『伝え手』の伝え方。
(2)それを読んだ『読み手』の想像力。
そんなやり取りの中で、それぞれの個性が発揮されてくるものと思う。

そこにこそ、文字による意思疎通の面白さ
(個人的にカタカナは好かないので、コミュニケーションとは言わない。)
があると思った次第である。

写真は、直接的に視覚に訴える媒体であり、
撮影方法等に技量や個性が発揮される面もあるが、
『文字もいいなぁ。』と思い、そのようにしてきた。

今後については、頂戴したご指摘に即し、
投稿していく予定である。

こんなこと書くつもりもなかったが、そうは言っても、
この状況に自分と折り合いが付けられるような柔軟な人間でもなく、
個人的理由のために記載しておく。

以上、私見まで。

***ここまで、読み飛ばしていただいて結構です。***

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2012年1月 »